井関農機(6310)の株ウォッチ【2018年9月】もみもみ状態からグーンとアップ?

農機大好きとして農機関連の井関農機株をウォッチしています。

売買をスイングトレードで実施する活動です。

 

2018年9月7日(金)の井関農機株(6310)のウィークリーウォッチ

9月の第一週目です!

下がりました。先週の上昇が続くことはありませんでした。

先週8/31の終わり値1,987円から1,881円までの下落。106円(5.3%)の下落です。

先週の5日間を日経平均と比較すると井関は落ち幅が大きいですね。トレンド的には同様の方向性です。

【井関農機のニュース】

事業ハイライトの中の記載が素晴らしいですね。「儲かる農業」とはっきり言い切ってくれています。「夢ある農業総合研究所」も運営していて農家のサポートをしています。利益をはっきり目指す農業のサポートです。

「・・・夢ある農業すなわち儲かる農業をサポートいたします。」

引用:井関農機のホームページ→95期中間(第二四半期)報告書PDF

 

【アクション】

北海道地震の影響、関西空港の影響も大きいので様子見します。

 

2018年9月14日(金)の井関農機株(6310)のウィークリーウォッチ

今週の井関農機の株価は1918円で終わりました。

先週の終値1881円から2%の上昇です。水曜日には一気に下がるのかと思われる状況に進みましたが持ちこたえました。

【井関農機のニュース】

井関農機は無人トラクタを12月に発売予定のニュースが出てました。

無人運転で農作業をスマートに!

作業の省力・効率化を実現

12月に発売予定の有人監視下での無人自動運転作業ロボットトラクターは、衛星測位システム(GNSS)アンテナで位置情報を検出し、コントローラー内のジャイロセンサーで本体の傾きによる測位誤差を修正することで、無人自動運転作業を可能にする。無人自動運転作業ロボットトラクターに、事前に走行経路をティーチング作業で登録。有人のトラクターからリモコンによる遠隔操作で無人ロボットトラクターを動かし、耕うんやしろかきなどの協調作業を行う仕組み。1ヘクタール程度の田での耕うん作業で、従来の1・5倍以上に作業効率が高まるという。

引用:ニュースイッチ

 

【今週のアクション】

今週は最低単位100株で買いで入りました。来週はホールドします。

 

2018年9月21日(金)の井関農機株(6310)のウィークリーウォッチ

今週はグングンと上がりました!

先週の終値1918円から6.8%アップの2048円です!

日経平均株価の上昇に引っ張られていますね。意外に素直な株なのかも?です。

【井関農機のニュース】

今週は特別なニュースなしでした。

【今週のアクション】

買い時を逃したと思うので様子見します。

2018年9月21日(金)の井関農機株(6310)のウィークリーウォッチ

今週の井関農機の株価は小さな上昇です。

先週の終値から2048円から2.2%アップの2094円で終了しました。

日経平均と比較すると少し負けています。

【井関農機のニュース】

井関農機のICT農機(スマート農業)分野での活躍のニュースが有りました。ICT技術に関して井関農機は実力があるようです。今後の展開次第ではイノベーティブな開発から株価の上昇につながる可能性あります。

有限会社米八(南区)のほ場でICTコンバインによる新之助の稲刈り

参加企業の一つ、井関農機(株)の収穫コンバインはICTスマート技術を搭載しており、籾の収穫作業と同時に水分量や重量をタブレット端末で瞬時に測定できる。また、ほ場ごとの収量も個別に集計してまとめる事ができるので、翌年の施肥設計や作付計画が立てやすくなる。

引用:にいがた経済新聞

【来週は井関農機の株にどう係るか】

来週は読めないので様子を見ます。