スマート農業

害虫と雑草はAIが識別?経験則のいらない駆除が可能『レイミーのAI病害虫雑草診断』

2020/11/30

今までは害虫や雑草を見分けるためには、知識と経験則が必要で、農業のベテランになるまで何度も農作物をだめにしてきました。しかし、AI技術の発達により写真を撮るだけで外注や雑草の区別がつく様になりました。 これで農業1年目からでも適切な処置が出来る様になりました。 今回はAIで雑草の判別ができるスマホアプリをご紹介します。 稲作で最も重要で難しいのが農薬散布! 稲作を始めると思いのほか惑うのが害虫被害と雑草駆除。せっかく作った農作物を外注にやられるほどくやしいことはありません。そして夏場の雑草駆除もかなり手間 ...

ReadMore

スマート農業

日々の営農状況から出荷管理まで可能!『アグリノート』

2020/11/30

農業においてのストレスを軽減する事こそが「スマート農業」の本質。そういった面においてこの「アグリノート」はその本質を体現化しています。 今までの記憶や紙ベースにおける思い違いや伝達ミスなどを軽減。新たな見える化の農業の誕生となりました。 今回はスマート農業の最先端を行く『アグリノート』をご紹介します。 写真引用元:https://www.agri-note.jp/ ミスの元に繋がっていた記憶と紙での管理による営農 農業を営むにあたって最も重要なのが日々の記録。作付から農薬散布、収穫や出荷など農業の一連の流 ...

ReadMore

農業女子

滋賀県に誕生した女性農家集団「しが農業女子 100人プロジェクト」が凄い!

2020/11/30

農業が盛んな滋賀県に誕生した農業女子プロジェクト! 滋賀県は日本最大の湖「琵琶湖」が県の面積の実に6割を占めています。豊富な水資源に恵まれ滋賀県の農業の実に4割は琵琶湖の恩恵に支えられている。その為、水田農業が盛んで多くの農業従事者が米の生産に積極的です。 コンバインの普及台数は日本一で効率的に農作業を進めることに重きを置く農家の多いこと。 そして滋賀県の農業の特徴といえばもう一つ集落単位でまとまって農業を行う「集落営農」が盛んに行われていることです。 その数は約790組織で全国第3位。 これにより集落営 ...

ReadMore

赤いトラクターに乗る農業女子

農業女子

ラクマがお届けする農業女子目線の生産品がアツい!「ラクマ ファーマーズマーケット」

2021/1/11

農業女子が増加することによって「料理しやすさ」という目線での農作物の生産にも注目が集まっています。また女性としてこだわるの「健康」にもこだわりが。 そこで生まれたのが「ラクマ ファーマーズマーケット」です。 農業女子のこだわりや想いをダイレクトに諸費者に届けられる販売サイト。より手軽に全国の農業女子の生産物を手に入れることが可能になりました。 農産物に安全性と使いやすさを求める時代に農業女子が活躍! 例えば野菜の購入をスーパーでする際に10年前ではあまり見かけなかったサービスがあります。それが「生産者の顔 ...

ReadMore

農業女子

おしゃれに農業女子するには?女性向け農業アイテムを紹介!

2020/11/30

農業女子増加の中で様々な問題も露出してきました! 農業女子は近年の就農者の減少とは反比例し増加の傾向があります。スマート農業の推進と共に重労働や長期労働からの解放も増加の要因。さらに農林水産省がスタートさせた「農業女子PJ」による女性就農者の能力をうまく使った商品開発やコミュニティの設立も農業女子の増加に大きく貢献しています。 その一方でまだまだ農業女子にとっては課題が多いのも現実。 農場に仮設トイレが設置されていることは稀ですし着替えを行う場所もままならいのも本当のところです。また耕運機など機械の扱いも ...

ReadMore

スマート農業

パプリカを収穫してくれるロボットが出現「スウィーパー」とは?

2021/2/17

 パプリカを取ってくれる話題のロボット『スウィーパー』 先ず動画でどうぞ。英語ですが動きを観ているだけで楽しいのでどうぞ! パプリカの収穫作業をには手間のかかってしまう面倒な作業ありますがスイーパーは作業の手間を減らしてくれます。 パプリカをたくさん食べたい方や身体が不自由な方、ご高齢者で農業を営んでいる方の間でも、このロボットは人気になるでしょうw 今回の記事では、パプリカを取るときに役立つスウィーパーの機能についてと今後の実用化について解説します。 農業の手間を減らしたい方、楽しく農業をしていきたい方 ...

ReadMore

農業女子

モンベルのフィールドウェアとは?農業女子のおしゃれに良い!

2020/11/8

女性の方は、農作業をするときにできればおしゃれな服を着て作業してみたいところ。 農作業の服はダウン色や白などの汚れても良い服を着てやるイメージがありますが、近年ではそういった色の服だけでなく模様の入った作業服もありますので、女性の方でも楽しめることが可能です。実際に、すでにそういった農作業用の服も売られています。例えば、モンベルのフィールドウェアがそうです。 今回の記事では、農業女子のおしゃれに良いモンベルのフィールドウェアについて解説していきます。 これから農業女子として働いてみたい方や楽しく作業したい ...

ReadMore

農機メカニズム

ハーベスターとは?牽引式?自走式?巨大な自走式ハーベスターをご紹介!

2020/10/15

作物を一気に刈り取る巨大な自走式ハーベスター! 酪農用のコーンを刈り取る巨大な機械です。 自走式ハーベスターとは? ハーベスタとは英語で刈り取りするという意味です。 稲刈り機や刈取機と呼んでもよいのですが、一般的にハーベスタと呼びます。 ハーベスタには牽引式と自走式があります。 牽引式はトラクターの後ろにハーベスタを取り付けて引っ張って動かします。動力はトラクターのエンジンからシャフト(PTO:Power Take Off)を介して貰います。 自走式は専用の一体型の農機で刈り取りのみに特化した機械です。自 ...

ReadMore

スマート農業

アグリノートとトラクタの連携で農業生産の記録ができる。

2020/11/4

スマート農業の最先端を行く「アグリノート agri-note」とトラクタを連携すると? 井関農機の田植え機とコンバインを使うと 圃場毎のコストや品質、そして収穫量が見れるようになる! どのように農機から記録を取るのでしょう? アグリノートとは? 農作業を各圃場毎に記録できるアプリ。 スマホでもパソコンでもタブレットでも使用可能。 紙で管理していたものをスマホで一括管理可能。 生育、収穫、出荷の記録を付けられる。 マップで管理して圃場毎に管理。 GPSにより位置情報も記録できる。 スマホ上で共有できるので作 ...

ReadMore

スマート農業

農業の未来を変えるデータ収集サービス「MIHARAS」

2020/11/3

農作業において大きなネックとなるのが農場の見回りです。 大規模になればなるほど労力は肥大しさらに自然災害発生時には、用水路などの見回り時に被災してしまうなど危険も付きまといます。 そんな状況下でも遠隔地から農場の現状を把握できるシステムが「MIHARAS」。農業のIT化の最たるシステムにより安心で安全な農業を行うことができます。 農家にとって武器の「経験」や「勘」が危険な訳! 農家にとって最も信頼するものが自分自身の経験です。長年農家をやっていればその信頼度は増すばかり。 しかし、その経験が通用しないこと ...

ReadMore