農機具の中古を買うならISOBUSを知ろう!トラクタと作業機で通信する規格

ISOBUS知ってますか?

農機の中古アタッチメントはISOBUS(イソバス)で繋がっています。

トラクターとの電子信号の通信をするためのもので、ひとつのコネクタだけで接続が完了するものです。

ISO(アイエスオー)の規格品なので異なる種類のメーカーのアタッチメントでもISOBUSであれば使えます。

ISOBUSの基本情報

◆名称:ISOBUS (イソバス)
◆規格:ISO11783をベースにAEFが規定したもの
◆見分け方:ISOBUS適合ステッカー(認証)
◆通信:CANインターフェース(CAN:Controller Area Network 農機内の複数のコンピュータを繋げる規格)

◆イメージ

写真引用:CAN-Newsletter

ISOBUSを考える必要がある時

ISOBUSは簡単に言うと「トラクターと農機具アタッチメントの電子通信制御コントローラをつなげる規格」です。

ISOBUSの規格は製造メーカの異なる作業気アタッチメント(インプリメントとも呼ぶ)を繋げることができるのです。農家でもトラクターのメーカをすべて揃えることも出来ませんし、アタッチメントは圃場(農場)の中で必要なものを数多くのメーカーから選ぶことになります。

メーカ毎の互換性が無いと、ユーザーはメーカを揃える負担、アタッチメントのメーカはココのトラクターメーカ別に変換アダプターを付けるなど無駄が発生します。そのため農機の財団が規格を作ってユーザーとメーカーの双方の負担を減らすために規格を作っています。

ISOBUSを使ったポテトハーベスター(収穫&選別機械)のビデオです。アタッチメント作業機をトラクタから自由自在に操れます。ISOBUSが無いとこれらの操作は個別に行ってました。

ISOBUSを間違えて買うと?

ISOBUSに似た「ISO BUS(スペース付き)」や「ISO11783規格のみ」のモノを買うと機能しないことがあります。確実に使うにはISOBUS認証がなされているものを購入してください。

ISOBUSで通信される情報は?

・トラクターの速度・エンジン回転・ステアリングなどの基本情報
・トラクターのPTO(Power Take Off)・ヒッチ等の情報
・作業機の動作状況等の基本情報
・作業機の生産物の収穫量・水分量等の詳細情報。
・IOTを使った情報
・自動操舵などの自動制御に関する情報

これらを全てのアタッチメントで使えるわけでは有りませんがISOBUSの通信は多くの情報をやり取りできます。

インターネットのHTML規格のようなものですね。ウィンドウズでもマックでもスマホでも情報は見れるけれど、使える機能や双方向性などの違いがある感じですね。

ISOBUSを使うと後ろに2台連結しても電子制御できます!このビデオすごいですね。

ISOBUSを簡単にまとめると

・ISOの国際規格をベースにした農機用の独自の規格

・規格に適合しているトラクターと作業機をつなぐとモニター表示など一体化させて高性能な作業ができる

・CANインターフェースを使用してコンピュータ間で通信している

ISOBUSを簡単に説明してみました。農機の制御の進化は素晴らしく、自動車以上に進化しています。自動操舵や無人化も既に完了済みです。農機の性能を最大限に使うための「ISOBUS」規格、是非活用してくださいね♪


写真引用元:AEF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA