農機メカニズム

農機具の中古を買うならISOBUSを知ろう!トラクタと作業機で通信する規格

2022-01-22

ISOBUS知ってますか? 農機の中古アタッチメントはISOBUS(イソバス)で繋がっています。 トラクターとの電子信号の通信をするためのもので、ひとつのコネクタだけで接続が完了するものです。 ISO(アイエスオー)の規格品なので異なる種類のメーカーのアタッチメントでもISOBUSであれば使えます。 ISOBUSの基本情報 ◆名称:ISOBUS (イソバス) ◆規格:ISO11783をベースにAEFが規定したもの ◆見分け方:ISOBUS適合ステッカー(認証) ◆通信:CANインターフェース(CAN:Co ...

ReadMore

農業女子

農業女子が企画した商品!ちょこプチをご紹介!

2022-01-22

農業女子でも使いやすいちょこプチという農機が話題になっています。 ちょこプチは、農業女子が企画した商品で使いやすいと好評です。そんなちょこプチですが、一体どのようにして機械を操作するのか気になるところです。そして、一般販売はされているのか?どこで買えるのか?も気になります。 今回の記事では、ちょこプチとは一体どのような機械なのか、買える場所についても解説していきます。 これから農業を営んでいきたい方や作業する負担を少しでも減らしたい方は、是非この記事をご参考にしてください。 ちょこプチとは? 画像引用: ...

ReadMore

スマート農業

農業の未来を変えるデータ収集サービス「MIHARAS」

2022-01-22

農作業において大きなネックとなるのが農場の見回りです。 大規模になればなるほど労力は肥大しさらに自然災害発生時には、用水路などの見回り時に被災してしまうなど危険も付きまといます。 そんな状況下でも遠隔地から農場の現状を把握できるシステムが「MIHARAS」。農業のIT化の最たるシステムにより安心で安全な農業を行うことができます。 農家にとって武器の「経験」や「勘」が危険な訳! 農家にとって最も信頼するものが自分自身の経験です。長年農家をやっていればその信頼度は増すばかり。 しかし、その経験が通用しないこと ...

ReadMore

スマート農業

土壌や作物の健康診断が可能な「栽培ナビドクター」

2022-01-22

農業において大事な土の状態! 農業において最も重要なおは土の状態です。 「どんな肥料を加えたらいいのか?この作物にこの土はあっているのか?」 まず初めに新規就農者が悩むポイントでもあります。しかし土の状態に不安を抱えるのは経験のある農家にとっても同様。 「以前のように栽培がうまくいかない。なぜなんだ?!」といった問題に直面することもあります。そんな時に自分の畑の土の状態や作物の状態をチェックしてくれる人がいればと思うことも。ベテラン農家が近くにいる場合には問題ありませんが、そうはうまくいきませんよね。何よ ...

ReadMore

スマート農業

野菜の収穫作業を自動化してくれるVegebot(ベジボット)とは?

2022-01-22

今話題のVegebotは、アメリカのケンブリッジ大学で開発が進められています。実用化すれば、アメリカ国内はもちろん、日本や農業のさかんな国にも広くわたって農家の人々に愛されるはずです。 Vegebotという農機を簡単に説明するとレタス専用で野菜を収穫する作業を自動化にする農機です。 現在、実用化や一般販売に向けて段階的な試験を日々繰り返しています。 今回の記事では、Vegebotとは一体どのような農機なのかについてと導入したときの効果、今後の開発について解説します。 農作業を楽にしていきたい方や自動化にし ...

ReadMore

農機メカニズム

オイル交換の時間は30秒の時代に!自分でできるオイル入りフィルタ?

2022-01-22

エンジンオイル交換は汚れ作業なのでやりたくないですよね~ でもエンジンオイルを交換しないとエンジンには悪いです。しかしながら、お店に持っていくのも大変で気がつくとオイル交換の時期を大きく過ぎてしまってます。 今日はそんな悩みを解決してオイル交換の気苦労を忘れることのできる「30秒でできるオイル交換」を紹介します! 30秒でオイル交換する方法は? オイル入りのフィルタを交換するだけ。 アメリカのジョンディア社の芝刈り機に導入されたシステムです。名前は John Deere Easy ChangeȒ ...

ReadMore

農機を見たい!知りたい!

トラクターのことなら農機新聞!【無料で電子版お試し】クボタ、ヤンマー 、井関、三菱マヒンドラ。

2022-01-22

農機新聞を無料で一ヶ月間試し読みできます!   農機のことなら農機新聞!農機専門の新聞!4大農機メーカー(クボタ、ヤンマー、井関、三菱マヒンドラ)の情報をはじめとして、業界情報、行政情報、最先端農業情報、IoT情報、農女情報・・・ そしてとうとう始まる電子版!一ヶ月無料でお試しできますよ♫ 農機新聞の基本情報 ◆名称:農機新聞 ◆出版:株式会社 新農林社 (本社所在地 東京都千代田区) ◆発行日:毎週火曜日に発行 ◆発送:郵送、電子版 ◆価格:年額14,900円(年間52週とすると一回約287円 ...

ReadMore

スマート農業

スマート農業(スマートアグリ)?ドローン、ロボットが農作業?最先端の農業!

2022-01-22

スマート農業って、カッコイイ&クールな農業? では、実際どのような農業なのでしょう? 最近よく聞く「スマート農業」という言葉。最先端の技術を活用して人の労力を減らして効率を上げる農業のようです。スマートからは洗練されたというイメージを持ちますがどのような感じなのでしょう? 農業の世界は特殊な言葉も多い世界です。その農業を少しでも分かりやすく、参加する人を増やしたいという思いで、「スマート農業とは?」という説明を農業の世界に関わっていない人向けに説明してみました。 スマート農業を100文字でまとめる ...

ReadMore

スマート農業

農業用ドローンはどれがいい?使い道やかかる費用は?

2022-01-22

農業にドローンを活用することが当たり前になる世の中。そんな未来がすぐそばまで来ています。 今回はスマート農業の最先鋒を進む農業用のドローンについてご紹介します。 効率化と安全性がアップ!農薬散布用ドローン! 写真引用:mazex公式サイト 農業用ドローンと言えば最も活用されているのは農薬散布用です。 例えば10Lの農薬散布が可能なドローンを使用した際の農薬散布効率化は10アールをおよそ1分で散布可能。これは人力での散布時間のおよそ1/5となり効率化の最たるものです。さらに準備や散布後の洗浄作業も大幅な時間 ...

ReadMore

スマート農業

ビニールハウスを自然災害から作物を守るには「がっちりHOUSE」コストゼロも実現する!

2022-01-22

異常気象がもたらす自然災害が作物に与える影響が甚大! 近年、世界各地で異常気象が観測されています。日本でも2018年の西日本を中心に被害をもたらした「平成30年7月豪雨」などが記憶に新しいところ。 さらに台風による被害も深刻で2019年における農作物への被害総額は実に30億円を超えるほどです。その他にも豪雪地域では積雪によるハウスの損傷など農業は自然災害との闘いに一面も。 今回は多くの被害をもたらす自然災害から農作物から守りつつ太陽光による自家発電でエネルギーコストゼロも実現させた日本パワープラント株式会 ...

ReadMore