ハーベスタ内に組み込まれたコーンの実を砕くプロセッサー!良い試料を作るため。

酪農用のコーンの実を破砕するのは良い資料をつくるため!

デントコーンの収穫時は牛の飼料として栄養価を高めるためにコーンの粒を破砕することが欠かせません。

粒を破砕するのがプロセッサー。

2つのギザギザローラの間を通してすり潰してしまいます!

では見ていきましょう。

ニューホランドFRのクロッププロセッサーCropProcessor

日本ニューホランドではプロセッサーをクロッププロセッサーと呼びます。クロップ(作物)を処理するという意味です。

動画でご覧ください。2つのすり潰しローラ(クロッププロセッサー)を通るとコーンの黄色の実が粉々になり、通ったあとは黄色の実が葉と茎に混ざりきっています。

 

クラースJugarのクロップクラッカーCropCracker

ハーベスタで有名なクラースClaasではクロップクラッカーと呼んでいます。2つのすり潰しギアがコーンを挟み込み粉々にしてしまいます。

クラッカーの2つのローラーの回転速度が異なることでより効率的にすり潰してます。上側は50%速く回転しています。

 

ジョンディアSPFHのカーネルプロセッサーKernel Processor

ジョンディアではカーネルプロセッサーと呼んでいます。

取り付け取り外しが簡単にできる構造です。

おわりに

酪農用のデントコーンの実の破砕をまとめてみました。

栄養価の高い試料を作るためにプロセッサーで実をすり潰しているんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA