クボタは農機トラクターで有名ですが・・・実は水道管メーカ?長澤まさみCMイギリス編の疑問を解決!

農機トラクターを製造するクボタは水道管メーカだった!

最近、長澤まさみさんを起用してコーポレートCMに力を入れている農機メーカーのクボタ。イギリス編を見て農業が全く出てこないことに違和感をもち調べてみました。

クボタは実は・・・

先ずは疑問のCMをYoutubeでどうぞ。水の話ばかりで田植機やトラクターが全く出てきませんね?

Lady
「どうしてトラクターがいないの???」

ではまずクボタの基本情報から

◆名称:株式会社クボタ
◆創業:1890年
◆本社:大阪府大阪市
◆事業内容:農業ソリューション、水環境ソリューション、エンジン、建設機械、他
◆従業員:連結約4万人

 

水環境ソリューションが二番目の事業

クボタの事業の紹介ページを見ると、農業ソリューションの次に水環境ソリューションが続いています!エンジンや建機の事業よりも大きいのですね。そして製造だけでなく”ソリューション”としてトータルに関わっています。


引用:クボタWebページ

 

クボタの歴史を見ると創業後3年目の1893年から水道用の鉄管の製造を開始しています。農工用のエンジンが1922年、トラクタに至っては1960年になってからと農機は最近の事業なのですね。

クボタは鉄管の製造で始まった会社で今はトータル水環境ソリューションとして事業を行っているのですね。クボタは水道用鉄管のパイオニアだったのですね~♪

鉄管、バルブ、ポンプ、パイプ。そして水処理システムや液中膜(ろ過)に浄化槽までソリューションとして提供しています。

 

まとめると

・クボタは実は水道管製造から始まった会社だった。

・キャッチフレーズ「For Earth, For Life」どおりに農業だけでなく生きるに関わるソリューション(解決策)を提供している。

・世界中で人が生きるために必須の水や農業にクボタは活躍!

Lady
「なるほどクボタはトラクターだけじゃなかったのね!!!」

クボタは実は多岐にわたって農機だけでなくトータルソリューションとして社会に役立つものづくりをしている会社でした。株式会社クボタで働いている皆さんに感謝です♪

 

クボタのバギーを日本で買えるのか?についての記事もどうぞ♬

クボタのバギーは日本で購入できる?長澤まさみCM2018に出てくるユーティリティビークル