アグビーとは?運搬作業が便利になる農機ロボット「アグビー(agbee)」!

スマート農業

アグビーとは?運搬作業が便利になる農機ロボット「アグビー(agbee)」!

2020-01-15

農作業には収穫や栽培、田んぼに肥料を混ぜたりな沢山の手作業があります。手作業を減らしていけば、負担が軽くなります。

そんな悩みを解決してくれるのがアグビーです。

アグビーを使うことで、今まで手作業で行ってきた収穫や栽培などの農作業を自動化できます。そして農業者にとっては嬉しい役立つ機能も満載です。

今回の記事ではアグビーの機能性についてと販売はいつなのかについて解説します。この記事を読めば、アグビーの機能性や販売情報がわかりますので、どうぞ記事をご参考ください。

アグビーとは?

アグビーとは?運搬作業が便利になる農機ロボット「アグビー(agbee)」!

画像引用: https://agrijournal.jp/material/40761/

アグビーとは簡単に言いうと、「台車のような形をしたロボットで上に収穫物を入れるためのカゴが付いている農機」です。

作業者に追従して収穫物の運搬をしてくれますので、作業者の負担を減らすことができ、収穫するときには収穫物の量も計測してくれるのも良い点ですね。

また、収穫物の量を計測したデータを元に将来的な収穫量も予測してくれたり、土壌の情報のデータを元に土壌も計測してくれるんです!

少しでも手作業を減らしたい方や時間の短縮をしたい方など効率化を図っていきたいのであれば、アグビーを使って楽に農作業をしていくことができます。

アグビーは、未来の農家を支える農機ロボットです!

アグビーの機能

アグビーとは?運搬作業が便利になる農機ロボット「アグビー(agbee)」!

画像引用:https://www.cp.syngenta.co.jp/cp/hot_news/view/?column_id=64

アグビーの機能は、収穫物の計測や予測する以外にも畑の状態を分析、気温、湿度、水分量など細かいところまで計測でき、今までは気温や湿度と言った計測も全て作業者が行わなければならなかったのですが、計測作業はアグビーに任せることができ効率化が図れます。

収穫するときには収穫位置も把握してくれて畑の状態も観察してくれる仕組みが整っているので安心です。

データはクラウドサーバーに記録してくれます。

アグビーとは?運搬作業が便利になる農機ロボット「アグビー(agbee)」!

画像引用: https://agrijournal.jp/material/40761/

作業の効率化の面では手作業で農薬を散くこともアグビーを使って楽にでるほか、アグビーにはたくさんの自動化できる機能が備わっていますので、今までよりも農作業が楽しくなるはずなので、農業女子や高齢農業従事者の方にも役立ちます。

agbeeの動きを動画で見ると、「頼れる相棒」という意味がよくわかります。

 

アグビーをもっと詳しく知りたい!何処で販売時期は?

agbeeのホームページ

アグビーは名称を「agbee 2.0」として販売されています。

アグビー公式サイトはこちら→https://www.agbee.co.jp/

アグビーの初期パンフレットを入手したいなら→アグビーDebut!

中西金属工業株式会社(NKC)でのアグビーのPROJECT立ち上がりからの歴史を知りたいなら→農家の相棒ロボット“agbee”開発プロジェクト

アグビーの公式インスタもあるので、今後の動きをチェックするならフォロー必須です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

agbee(@agbeejp)がシェアした投稿

 

アグビーの販売時期は?

アグビーの販売時期は2020年です。

2018年には、農業者向けに試験販売をされていて、使いやすいと好評でした。その後も改良を繰り返して2020年に販売されました。

農業者向けには販売なので農業従事者の方でしたら手に入れられます。家庭菜園だけどアグビーが欲しい!という方は一度問い合わせると良いですね。

 

まとめ

今回は農業作業を楽にしてくれるアグビーについてお伝えしました。

アグビーは収穫物の積み降ろしや土壌の状態も計測してくれたり、気温や湿度、水分量などの計測までできるのも心強いです。計測したデータを将来的な収穫の予測もできてしまうこの農機ロボットは未来の農家の支えになるはずです。自動化できる機能がたくさん付いていますのでアグビーで自動化もできます。農家のかたなら購入できますし、欲しい方は直接Agbeeに問い合わせて販売情報を入手できます。

これからの時代は今まで手作業だったこともアグビーでスマートに自動化です!

-スマート農業