スマート農業

パプリカを収穫してくれるロボットが出現「スウィーパー」とは?

 パプリカを取ってくれる話題のロボット『スウィーパー』

先ず動画でどうぞ。英語ですが動きを観ているだけで楽しいのでどうぞ!

パプリカの収穫作業をには手間のかかってしまう面倒な作業ありますがスイーパーは作業の手間を減らしてくれます。

パプリカをたくさん食べたい方や身体が不自由な方、ご高齢者で農業を営んでいる方の間でも、このロボットは人気になるでしょうw

今回の記事では、パプリカを取るときに役立つスウィーパーの機能についてと今後の実用化について解説します。

農業の手間を減らしたい方、楽しく農業をしていきたい方、効率化を図りたい方は、この記事をご参考ください。

画像引用: https://www.ibaraki-shokusai.net/brand/paprika/

 

スウィーパーとは?パプリカをとるロボット

画像引用: https://wired.jp/2018/12/10/robot-that-picks-peppers/

スイーパーは、ヨーロッパとイスラエルで開発され実用化が進められているロボットです。パプリカを取るためのロボットで自動化して取ってくれますので、収穫作業が楽になります。

農業用ハウスの中を自動的に動いて取ってくれる仕組みで、収穫するときは色でパプリカが熟成しているかシビアにチェックを行います。熟成していると判断すれば自動的にもぎ取ってかごの中に入れてくれます。

熟成しているか判断もシビアに行ってくれるので安心して食べられるパプリカを収穫できます。

パプリカの栽培をしている方には要チェックのロボットです!

スウィーパーの機能性は?

画像引用: https://no-chi.com/greenhouse-structure/

機能性は他の農業ロボットに負けられない点がいく代表的な機能面をご紹介します。

  • 畝の間隔が狭い農業用ハウスの中でもぶつかることなく収穫できます。通常の手作業では畝と畝との間隔が狭く大変なことがあります。スイーパーは自動で畝と畝との間を通れるので面積あたりの効率が高くなります。
  • 農業用ハウスの中は、高温で多湿。そのような環境の中でも自動的に収穫してくれます。ロボットなので困難な環境の中でも動けます。

スウィーパーの実用化

現在、イスラエルとヨーロッパの研究者の間で実用化が進められています。

今のスウィーパーはパプリカを一つ取るときは24秒かかりますが、将来的には24秒から15秒までに短縮しようとしています。

一般販売はまだ先ですが、早く一般にも販売して欲しいロボットです!

おわりに

今回はスウィーパーとは一体どのようなロボットなのかについてと今後の実用化について解説しました。

パプリカの収穫がスマート農業となるこのロボットで楽になることが期待できますね。

早く一般販売されること期待しています!

-スマート農業
-,

© 2020 農機大好き Powered by AFFINGER5