日曜劇場『下町ロケット・ヤタガラス』第9話、日本の農家のために佃製製作所は?

日本の農家のために!


佃社長は大局観で世の中のためにはたらく人になりました。
会社同士のいざこざなどどうでもよく、製品を使うお客様のために何が良いかを考えるのです。

今回は社会人として、農機大好きとして、見習いたいストーリーです。

実は自動運転トラクターは日本では実用されています!→ロボットトラクターは既に市販されていた!

ドラマ『下町ロケット』(続編)の基本情報

制作:TBS
原作:池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館)
脚本:丑尾健太郎(うしおけんたろう)

放送:毎週日曜夜9時から。2018年10月14日スタート!

TBS公式ページはこちら

ドラマ『下町ロケット』第9話の見どころ

第九話の見どころは佃製作所が、誰をサポートするかにつきます。

「日本の農業のために」、佃社長は誰をサポートするのか?

帝国重工なのか?ダーウィンなのか?野木教授なのか?そもそも独自開発で立ち向かうのか?

何れにしても、佃製作所は最終ユーザの日本の農家のために動きます。

ドラマ『下町ロケット』第9話のあらすじと感想【ネタバレ注意】

アグリジャパンで大失態をした帝国重工の自動運転トラクター・アルファワン。

帝国重工は転倒の責任は乃木教授にあるとして、開発コードを提供しろと脅す。乃木教授は八方塞がり。帝国重工の的場は野木に責任を負わせて幕を閉じようとしている。

農機大好き
大企業、帝国重厚、恐ろしいです

佃社長はユーチューブの動画を見て野木教授の責任ではない可能性があると言う。帝国重工の財前ははアグリジャパンと同じ条件で佃のエンジンとトランスミッションを積んだトラクターで再度テストしてはどうかと。

農機大好き
さすが財前さん佃製作所の味方。
再テストにも帝国重工の旗を立てるあたり大企業です!

再テストの当日、的場が見学する中で見事に成功。

これで野木教授のコードの責任とは言い切れませんよねとせまる佃社長。
しかし、一回の実験ではなんともいえないと帝国重工。
何百回でもやりますよと佃社長。農家の人が作業中に止まってしまったら困るからと。

忙しいから帰ると言う的場。帝国重工のトランスミッションに問題はないと言い切る。
そこに現れた帝国重工の藤間社長。
帝国重工側に問題がないなら佃製作所に調べてもらえばいいと。どうどうと見せれば良いと。

農機大好き
藤間社長、ガッツっときますね。さすが大企業の社長、冷静です。

帝国重工側が問題の可能性があることをみとめます。
野木教授に謝る藤間社長。

再調査で、帝国重工のトランスミッションのバルブに不具合が見つかった!

一方、新潟県燕市にもダーウィンの情報が来ていた。
殿村のお父さんはロボットなど必要ないという。

農機大好き
ロボット化は避けられないと思いますけどね。人間は快適に便利になるために成長しているのですから。

ロケットバルブでは、佃製作所と帝国重工の佃の娘利菜のチームとの一騎打ち。

農機大好き
とうとう帝国重工の内製バルブが勝つか?やはり大企業はキーデバイス(重要部品)は内製化しないと市場を握れませんよね。

ロケットバルブは圧倒的な性能差で佃製作所のバルブが採用されることに決定した。

財前が訪ねてきた。自動運転トラクターにエンジンとトランスミッションを供給してほしいと。

農機大好き
帝国重工は手のひらを変えて来ましたね。必要なものは取りにいくところも大企業らしい。

佃製作所は悩む、世間から非難を浴びている帝国重工側につくことはリスクが高いと。トランスミッションはまだ佃製作所の品質レベルはまだ高くないからと。

悩む佃社長。決断はすぐには出せない。

農機大好き
来週から帝国重工をアシストするとは思いますが厳しい展開ですね

おわりに

今回は農機の具体的な展開はありませんでした。残念。

次回から具体的に佃製作所が帝国重工のトラクターのエンジンとトランスミッションを開発していくと想像します。

来週も農機大好きの視点でドラマをウォッチします!

まとめ記事はこちらからどうぞ。→日曜劇場『下町ロケット』はトラクターへ!農機のクボタが全面協力!【ネタバレ】原作、あらすじ、キャスト、主題歌!